お役立ち情報

ノウハウ

基礎知識

クレジットカードを持てない方でも使える「決済方法」と「決済サービス」

SHARE Facebook Twitter Google+

最終更新日:2018.05.24

フリーターの方で定職がないため、クレジットカードの審査に落ちてしまった。あるいは「限度枠を越えて使ってしまいそうだから」などと考え、ずっとクレジットカードを持っていなかっただけに、金融機関に過去の返済事故などを疑われて、やはり審査に落ちてしまった……などといった理由で、クレジットカードを持てない方がいます。しかし、クレジットカードを持てない方でも、分割払いで買い物がしたい、現金の持ち合わせがない場合の決済方法を知りたい、オンラインでの決済がしたい、などと考える方は多いのではないでしょうか。
そこで、クレジットカードが持てない方でも使える「決済方法」と「決済サービス」についてご紹介いたします。

電子マネーカード

電子マネーカードは、電子決済方式の現金払い専用カードです。ICチップが入った電子マネーカードに現金をチャージすることで、入金残高を上限に現金払いの時に使うことができる仕組みです。これは、プリペイド方式と呼ばれます。
コンビニやスーパーマーケットでの支払いのほか、電車・バスなどの運賃払いなどで使用できます。スマホや携帯電話に電子マネーアプリを取り込むことができるため、財布の持ち合わせがない時にも便利に使えます。
また、楽天Edyオンラインのように、モバイルのアプリと連携して、オンラインショッピングが楽しめるサービスもあります。

◆ポストペイという方式もある
電子マネーといえばプリペイド方式が一般的ですが、中にはポストペイ方式といって、クレジットカードと同様、1カ月間に電子マネーで支払った額を後払いできる方式もあります。チャージの手間がなく、手持ちの現金がない場合でも簡単に決済ができますが、使い過ぎなどのデメリットがあります。

◆電子マネーのお得な面
電子マネーは、その利用額に応じてポイントがたまり、蓄積されたポイントは電子マネーに充当することができるのでお得です。また、JRなどの交通機関では、電子マネーを使った運賃は割引されているので、更にお得になります。
その他にも、ネット通販が提供しているポイントプログラムなどとも連携していることがあり、買い物時に獲得したポイントを電子マネーに交換できる点も魅力です。

プリペイドクレジットカード

プリペイドクレジットカードとは、クレジットカードと同じ機能を持ち、収入や勤務先、住居等の審査もなく、すぐに発行可能なカードのことです。コンビニなどでプリペイドクレジットカードを購入するほか、インターネットでアカウントを取得することで、カードレスで使える気軽さが人気です。

◆使い切りクレジットカードとして使える
クレジットカードが持てないことにより、クレジットカード払いが必須のネット通販や課金制ゲームなどが利用できない場合でも、あらかじめ必要額のプリペイドクレジットカードを購入することで、クレジットカードと同様に使うことができます。子どもにお小遣いとして一定額をチャージして与える、という利用法もあります。
また、海外の通販を利用する際など、カードの不正利用のリスクを避けたい時にもプリペイドクレジットカードを使うことで安心して買い物ができます。

◆プリペイドクレジットカードのデメリット
カード発行および、チャージに手数料がかかります。カードごとに手数料は異なりますが、例えば三井住友VISAプリペイドなら、発行手数料(発送手数料含む)は640円、チャージ手数料は200円となっています。
他にデメリットとして、入金されている額以上に決済をすることができず、高額な商品は購入できない点があります。また、月額利用料金などの支払いにプリペイドクレジットカードを使うことはできません。有効期間は1年間ですが、1カ月以上使わなかった場合には、休眠カードとみなされ、維持手数料が引き落とされることもあります。
決済はチャージした残高から瞬時に引き落とされるので、後払いはもちろん、分割払いなどの決済はできません。

デビットカード

デビットカードとは、銀行口座と連動したカードです。独立したデビットカードもありますが、一般的にはキャッシュカードにデビットカードが一体化したものが使われています。
デビットカードで支払うことで、即座に銀行口座から利用料金が引き落とされます。利用限度額は銀行口座残高が上限となります。

◆手数料不要で決済できる
デビットカードは、決済手数料が無料です。日曜祝日でも同様に決済手数料がかかりません。商品を購入するためにわざわざ銀行ATMで現金を引き出し、ATM手数料を負担することがない点が魅力です。

◆デメリットは「クレジットカードではないこと」
即時決済ができるカードですが、クレジットカードではありませんので「翌月一括払い」や「分割払い」というような後払いができません。
また、口座に残高がなければ決済をすることができず、支払い不能となります。プリペイドクレジットカードと共通する部分が多いと言われますが、そもそも口座がなければ発行することができないので、その点が口座なしでも発行できるプリペイドクレジットカードと大きく異なります。
また、暗証番号の入力を求められ、その分手間がかかります。

信販会社のクレジットサービス

信販会社のクレジットサービスは、いわゆるローン契約です。信販会社が購入者に代わって立替払を行い、一括または分割払いで返済するという契約を行います。審査が必要となりますが、クレジットカードを持てない方でも比較的審査が通りやすい傾向にあります。ただし、信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)が登録されている場合はこの限りではありません。

◆カードがなくても分割払いが可能
クレジットカードの大きな利点は、自由に分割払いができることですが、クレジットカードを持っていない方は基本的には前払いか即時決済しかできません。しかし、信販会社の分割払いサービスを利用できれば、口座のキャッシュが少ない方でも高額商品を購入することができます。

◆与信確認や契約完了までが煩わしい
信販会社とのクレジット契約を結ぶには、申込書を記載するほか、条項の読み合わせを行う必要があります。また、信販会社において与信確認を行う上で時間がかかります。締結後は、支払い先となる銀行口座の登録なども必要のため、煩雑さを感じる方もいます。
ただし、ライフティが提供するWEぶんかつのように、WEB上で申し込みから審査まで済ませ、煩雑な書類の取り交わしも必要なくなった便利なサービスも登場しているので、煩雑さのデメリットもかなり軽減されています。

以上、クレジットカードを持てない方でも使える決済サービスをご紹介しました。
便利に使える決済サービスが多く、クレジットカードと同様、キャッシュレスでのショッピングができることがメリットです。ただし、いずれも使い過ぎは禁物です。それぞれの決済サービスを熟知し、メリットやデメリットを比較しながら自分にとってよりよい決済サービスを選びましょう。

一覧に戻る