お役立ち情報

基礎知識

普及が進むオンライン決済とは? 今さら聞けない基礎知識やメリット・デメリットを徹底解説

SHARE Facebook Twitter Google+

最終更新日:2018.05.24

ネットショッピングなどが広く普及し、現金を使わず支払うことができる「オンライン決済」が日常的に行われるようになりました。ここでは、オンライン決済の特徴をはじめ、消費者や販売者がオンライン決済を導入することのメリットやデメリットなどについてご紹介していきます。

オンライン決済とは

オンライン決済とは、インターネット上でペイメントサービスを経由して支払いを行う方法を指しています。オンライン決済の方法としては、クレジットカード番号を入力して決済を行う「クレジットカード決済」が一般的ですが、現在ではその他の決済方法もたくさん登場し、多くの消費者に用いられるようになりました。これに関しては後ほど詳しく説明します。

オンライン決済を行うことで、消費者と販売者との間にペイメントサービス業者が介在することになります。消費者から代金を回収したペイメントサービス業者が、販売者へ回収代金を支払う流れとなります。

オンライン決済のメリット・デメリット

オンライン決済にはメリットやデメリットが存在します。

◆オンライン決済のメリット・消費者の場合
オンライン決済のメリットは、消費者側からすれば、支払い方法の幅が増えることが挙げられます。クレジットカードのほか、代金引換、コンビニ決済、後払い決済などといったさまざまなオンライン決済を利用できるようになったからです。消費者にとっては自分に都合がよい支払い方法を選ぶことができ、決済手段の選択肢が増えることになります。

◆オンライン決済のメリット・販売者の場合
オンライン決済を導入する販売者にとってのメリットとしては、顧客の管理や分析がより細やかにできるようになる点が挙げられます。決済手段と販売商品、顧客の情報をリンクさせることで、売れ筋商品の導入や、新たなオンライン決済の手段などを検討し、客層を広げるといった開拓ができます。また、オンライン決済の手段を一通り導入しておけば、機会損失を最小限にすることができます。

■オンライン決済のデメリット・消費者の場合
オンライン決済にもデメリットは存在します。消費者側からすると、クレジットカードなど、オンライン決済を使用するための手段を持っていなければ、支払いをすることができません。販売者が別の決済手段を用意していれば問題ありませんが、必ずしもクレジットカード以外の決済手段を用意しているとは限らないのが現状です。またクレジットカードの上限を超えた支払いや、利用停止中などの場合は決済ができません。
クレジットカードなどのカード情報が流出してしまうリスクもあります。日常的に情報漏洩がニュースとして耳に入る現状では、決して軽視すべきリスクではありません。

■オンライン決済のデメリット・販売者の場合
導入する販売者側からすると、オンライン決済1件に対して所定の取引手数料が発生します。大きな額ではありませんが、多数のユーザーがオンライン決済を利用すると経費が膨らむので、資金繰りに注意が必要になります。また、オンライン決済サービスを導入する際に、初期投資費用が発生します。契約料金の他、自社サイトへのフォーマットの組み込み作業などが発生するため、このような費用も念頭におく必要があります。
情報漏洩のリスクは、消費者よりも深刻かもしれません。もしニュースとなって知れ渡れば、信用失墜による損失は莫大になる可能性があります。
そのほか、ペイメントサービスからの精算に時間がかかると、その期間は事業者側には入金がありません。そのため、運転資金に困る可能性が出てくる、といったデメリットもあります。

オンライン決済の種類と特徴

オンライン決済にはいくつかの種類があります。すべてを導入しているECサイトはなかなかありませんが、複数のオンライン決済を導入するのが一般的です。販売者は導入を検討するために、また消費者は使ったことがない決済手段がどんなものか知るために、参考にしてください。

1.クレジットカード決済
オンライン決済で最も一般的な決済手段です。総務省が行った調査によれば、およそ60%の方がクレジットカードによる決済を経験しています(総務省「平成26年通信利用動向調査報告書」2015年7月)。

2.代金引換
宅配業者が、商品を届ける際に購入者から料金を徴収します。商品と引き換えなので、代金引換と呼ばれます。クレジットカードを持たない方にとっては代表的なオンライン決済の手段で、決済後に商品が届かないというリスクがなくなるメリットも大きな魅力となっています。

3.後払い決済
商品到着後に、仲介するペイメントサービス事業者から請求書が届くという流れになります。一時的に口座の金額が商品購入に不足している場合や、クレジットカードを持っていない方が利用します。請求書が到着した後は、コンビニなどで支払いをします。NP後払いや、WEぶんかつなどのサービスがあります。

4.銀行(郵便)振り込み
販売者が発行する払込票をもとに、銀行や郵便局などで支払います。入金が確認出来たら、商品が発送されます。

5.コンビニ決済
購入手続きが済むと、手続き完了メールが送られ、そこに記載されている顧客番号を使ってコンビニなどで支払いをします。もしくは、払込伝票が郵送されてくるパターンもあります。クレジットカードと代金引換に次いで利用が多く、近年も増え続けている決済手段です。

6.携帯キャリア決済
注文した商品の代金を携帯電話の料金と一緒に支払うことができます。

7.電子マネー
Suicaなどの交通系電子マネーをはじめ、楽天Edyやau walletなどをチャージしておけば、オンラインでの購入に利用できます。

8.ネットバンキング
インターネット上で銀行振込ができるサービスです。各銀行がサービスを提供しています。

販売者がさまざまオンライン決済を導入することで、消費者の支払いスタイルに合わせた販売形態をとることができ、機会損失を防ぐことができます。より多くの決済手段を用意して、たくさんの顧客に愛されるECサイトを目指しましょう。

一覧に戻る