お役立ち情報

基礎知識

テレコムクレジットの仕組みと導入のメリット

SHARE Facebook Twitter Google+

最終更新日:2018.04.26

テレコムクレジットは、決済代行サービスを提供している企業です。入金サイクルが早いことで知られ、業界随一とも言われています。テレコムクレジットの特徴やサービス内容、メリットのほか導入方法などについてご紹介します。

テレコムクレジットとは

テレコムクレジットは1993年に設立された決済代行会社で、クレジットカード決済のほか、楽天Edyなどの電子マネー決済、銀行振込決済、Yahoo!ウォレット決済のほか、仮想通貨ビットコイン決済にも対応しています。決済代行事業以外にも、アフィリエイトサービスプロバイダである「バナーブリッジ(BannerBridge)」を展開しています。

クレジットカード決済では、決まった間隔で自動的に決済できる継続課金や、カード番号入力を省略できるスピード決済、顧客リストをCSVファイルに登録して一括決済が可能なCSV一括決済など、多様なサービスを提供しています。

ビットコイン決済を導入しているのも特徴の一つです。安い手数料で送金可能であるだけでなく、海外からの旅行者によるニーズがあることから、新規顧客の獲得を見込める注目の決済方法です。

ECでは、クーポンサイトや様々なレンタルサービス、中古品販売に印刷、情報コンテンツ、食品、ゴルフスクールや音楽学校など、あらゆる業種での導入実績があります。また、オフラインでも、エステやコールセンター、留学サポートといったサービス業でも取り入れられています。

テレコムクレジットのメリット

テレコムクレジットの魅力は、何といっても入金サイクルの早さにあります。月末締めの翌月10日払いは、業界屈指のスピードです。一般的な月末払いと比べておよそ20日も早いことで、資金運用がしやすくなることは、事業計画を立てる上で大きなメリットと言えるはずです。また、月額売上(クレジットカード決済のみで)が100万円を超える場合は、月2回払いにも対応しています。

クレジットカード決済を最短で即日導入できるのも事業者にとって大きなメリットです。クレジットカード契約は、審査に時間を要し、およそ1ヶ月程度かかるのが一般的ですが、テレコムクレジットでは独自の審査基準を設定したことで、大幅な早期導入を可能にしています。

あらゆる業種に導入実績があるのもテレコムクレジットの魅力です。業種や提供している商品・サービス次第では、クレジットカード契約が難しい場合も少なくありません。多様なビジネススタイルに柔軟に対応するスタンスをとっており、他社で断られた場合でも契約できる可能性があります。

セキュリティ対策も万全で、常駐するシステムエンジニアがシステムの開発から保守までを一貫して行っています。

テレコムクレジットの導入方法

テレコムクレジットの導入方法について、クレジットカード決済を例に説明します。

問い合わせをした時点で、取り扱う商品やサービスについてヒヤリングを行い、その結果に応じて最適な決済方法を提案してくれます。その後、テレコムクレジットおよびカード会社による審査を経て、申し込みを行います。事業者が提供する必要書類は、申込書・登記簿謄本(個人事業主様は住民票)・印鑑証明書・通帳のコピーです。加盟申込金、初期設定費用を振り込んだら、決済システムの試験的な導入がスタート。

導入に際しては、担当者との綿密な打ち合わせを重ね、細かくスケジューリングしていきます。最後に動作確認のテストを終えたら、サービスの開始となります。

翌月10日に入金されるというサイクルの早さは業界トップレベル。通常の入金サイクルでは実現できない事業戦略を立案することも可能なはずです。その点にメリットを感じる事業者は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

一覧に戻る