よくあるご質問

よくあるご質問

決済の種類にはどのようなものがありますか?

決済の種類は細かく分けるとたくさんありますが、大きく分けると現状下記の9種類に分類されます。

・代金引換
・クレジットカード決済
・電子マネー
・インターネットバンキング
・電子収納サービス
・コンビニ決済
・銀行振込
・現金書留
・ショッピングクレジット/ローン

国内と海外では決済方法に違いはありますか?

国内決済の場合、お客様情報は、国内の金融機関を経由して各社に連携され処理されることになります。
海外決済は海外の会社と契約している決済代行会社による決済です。海外決済では、決済情報が海外の金融機関を経由して処理されます。このため、決済明細書には海外の金融機関名が掲載されます。

国内決済の場合、業種や事業規模、提供する商品・サービスの種類によっては審査に通りづらい面があります。
一方、海外の会社は日本国内の法律の規制を受けないため、海外決済では比較的審査基準が甘く、日本国内の審査に通りづらいケースでも契約しやすいのが特徴です。

決済サービスを導入するにはどのくらいの期間が必要ですか?

決済サービスに要する期間は、各サービスの審査期間等によって変わってきます。

アナザーレーンのように最短2日でクレジットカード決済を導入可能なサービスから、イプシロンのように2週間程度の審査期間が必要なサービスもあります。

審査の基準も各サービスによってさまざまとなりますので、導入から運用までどの程度の時間を要するかは、各サービスのサポート窓口等でご確認ください。

個人情報に関するトラブルなど、リスクはありますか?

さまざまな決済手段を提供する決済代行会社は多くの場合、実績と経験があるため、セキュリティ面でも安心です。ユーザーの個人情報を預けても安心の業者に依頼することで、情報漏洩リスクが軽減されます。

決済代行を依頼する際、どの決済代行会社がいいのでしょうか?

決済代行サービスを導入する目的や顧客層、また扱っている商品やお取引の量によっても決済代行会社の選定のポイントは変わってきます。詳しくは決済サービス導入のポイントをご覧ください。

割賦払い(分割払い)の仕組みについて教えてください。

割賦(かっぷ)とは代金を分割で支払うことを表す言葉です。事業者が商品やサービスを提供する際に、その代金を2ヶ月以上かつ3回以上に分けて消費者から後払いで受け取ります。消費者は商品を分割して支払うことができる代わりに、分割手数料も追加で支払います。

分割支払が可能な決済サービスは下記のものです。
・イプシロン
・GMOペイメントゲートウェイ
・ペイジェント
・ZEUS
・WEぶんかつ